HOME>アーカイブ>短期間なら日本国籍なら免除されるから助かる

免除されるケースも多い

履歴書

日本からも近くてカルチャーやグルメなどで人気の香港ですが、観光で訪れるときには多くの場合でビザは不要です。日本国籍を持っていて香港滞在が90日以内であれば、ビザは不要とされています。香港から中国本土へ入国するときにも、15日以内ならパスポートで入国できます。このため、多くの観光、さらに商談のためなどの短期間のビジネスでも、ビザをわざわざ取得することなく利用できます。90日までならビザ不要ですので、仕事の用事であってもパスポートのみで済ませることができる範囲も多いです。香港で用事があるときにも、まずはどのくらいの期間、滞在するのかを決めるところからスタートしましょう。期間によってはビザ不要で済むことも多いので、手間がいらない、スムーズに準備が進むことも多いです。香港ならではの、中国本土とは異なるメリットです。

就労や留学には事前準備で手配しよう

パスポート

一時的な滞在の場合はパスポートで対応できますが、就労となればビザが必要です。留学するときにも学生ビザが求められます。どちらも申請から許可まで4週間から6週間程度かかりますので、計画的に申請することが大切です。また、申請するときにはそれぞれ必要な書類があります。その書類にも規定がありますから、事前にしっかりと確認すると二度手間にならずにスムーズです。もし、不明な点があったり、忙しくて自分で申請準備から実際の申請までができないなら、専門家の代行業者もあります。プロですから経験も豊富で、最新の事情にも精通しています。細かい点や一人一人の事情に合わせて対応してくれますので安心です。このようなプロの手を借りることも1つの方法ですから、無理なく、さらに確実に香港のビザを手に入れましょう。