取得率が非常に高いので安心

パスポート

香港は中華人民共和国香港特別行政区であり、人口750万人でインフラも整備されていて治安もよく税金も安いのでビジネスを行うには抜群の環境と言えます。香港の法人税は8.25パーセントと16.5パーセントの二段階になっていて、日本の法人税の最高で34.59 パーセントと比較しても破格の安さと言えます。また所得税は15パーセントとこれも非常に安くなっています。それからアジア各国へのアクセスが容易であり、規制も少ないので様々な金融商品があり、利回りもいいので世界中から豊富な資金が集まっているのです。そして仕事をしようとするなら90日以上ならビザを取得する必要があるのです。日本のパスポートでの滞在できるのは90日以内でありその間は仕事をしたり、留学することはできないのです。そして90日を超えて香港に滞在して仕事や留学している場合ビザがないと罪になる可能性が出てきます。しかしビザの取得は単独では難しい面があるので、経験豊富で実績がある専門のサービスを利用することをおすすめします。それはビザの申請をして失敗すると再申請が困難なので信頼できるサポートサービスを選ぶことが重要になってくるのです。実績のあるサポートサービスは1年間で100件も申請手続きを行っていて、ほとんどの場合で取得に成功しているので、安心して申請を依頼することができます。それから相談は無料で受け付けしていて、取得後のサポートもしっかり行ってくれます。

イミグレーションと良好な関係を構築

履歴書

香港で取得できるビザには様々な種類がありますが、そのうちで現地で働く従業員のための就労ビザは雇用主と申請者の両方が対象となっています。実績あるサポートサービスでは取得が困難な飲食や美容関係だけでなく、様々な業界な案件を引き受けて取得に成功しています。取得するにはイミグレーションが決めた基準をクリアする必要があるのですが、サポートサービスでは緻密で確かな種類を作成して高い許可率を誇っているのです。また審査はイミグレーションの担当者が行うのでわかりやすくポイントを抑えて作成されています。さらにイミグレーションとも親密な関係を構築しているので審査が通りやすいと言えます。香港で外国人が働くための基準としては、まず犯罪歴や安全上の問題がないことや大卒以上の学歴や専門知識や資格があること、雇用先でのポジションがあることなどが挙げられます。また雇用主も審査の対象になりその場合は、香港人を雇っているかその予定があるか、現地で事務所の賃貸契約があるかなどの条件が定められています。費用については10,000香港ドルからになりますが、初回申請の場合はプラスして3,000香港ドルかかります。